FC2ブログ
茨城のよい所や日々の生活等を独断と偏見で紹介します。
五浦海岸 六角堂
2009-11-12 Thu 02:45
先日の記事で書いた船頭料理を堪能したあと訪れたのが、「茨城大学五浦美術文化研究所」というところです。

この研究所は、昭和30年に、北茨城市大津町五浦にある岡倉天心遺跡に設置された茨城大学の研究機関で、日本の近代美術や内外の文化・歴史研究を目的としているそうです。
敷地内には天心旧邸や六角堂といった、遺跡を維持し、また昭和38年に建設された天心記念館には数々の天心の遺品や関連資料が展示されています。

明治39年には岡倉天心が日本美術院の本拠をここに移し、横山大観、下村観山、菱田春草、木村武山らと創作活動を、行いました。

IMG_8675.jpg
六角堂 (有形文化財)

ちなみに、今サザエさんのオープニングで茨城の観光スポットが紹介されていますが、六角堂が紹介されているところはこんな感じのアングルなんですよ^^

IMG_8664.jpg
中はこんな感じ!

周りを全部見渡せるでしょうね。

天心は、尊敬する中国の詩人杜甫の草堂に倣して、この小堂を六角形に設計したそうです。棟札には天心の自筆で「観欄亭」(大波を観るあずまや)と書かれていました。当初、内部は板の間で、炉が切っており、眼前には広大な大平洋の海原が広がります。天心はアメリカから帰ると、ここで瞑想し読書したほか、雨で沖に出られない日には窓から釣り糸を垂らしたといわれています。

IMG_8661.jpg
眺めもとても綺麗ですよ♪


IMG_8698.jpg
この写真は、1枚目右上の断崖絶壁にある「五浦岬公園」から撮影したものです。

木が邪魔してやっと撮影した感じです。。。 この撮影ポイントは高所恐怖症の方には厳しいかも!
このアングルのアップもサザエさんで使われていますよ。


IMG_8645.jpg
天心記念館
中に入ると岡倉天心像が迎えてくれます。

昭和38年(1963)研究所敷地内に「天心記念館」が建設されました。平櫛田中作の『五浦釣人』と『岡倉天心像』のほか、天心の釣舟「龍王丸」など天心の遺品や関連資料が展示されています。

IMG_8681.jpg
天心旧邸 (有形文化財)



みなさんも北茨城の観光スポット 「五裏海岸と六角堂」を訪れてみてください^^


今回紹介した六角堂以外に、当ブログで紹介したサザエさんオープニングにでてくる関連記事!
・巨人伝説!
・久しぶりのかみね動物園
・茨城の紅葉~花貫渓谷
・茨城の紅葉~竜神峡
・日本一のは○○タワ ー
・茨城一の夜景


☆茨城大学五浦美術文化研究所☆

住所:茨城県北茨城市大津町五浦727の2
TEL:0293-46-0766
時間:午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)
※11月~3月は午前9時30分~午後4時30分(入場は午後4時まで)

休館日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日
年末年始12月29日~1月3日

入場料:200円(五浦岬公園は無料!)
地図は→こちら


ブログランキングにダブルエントリー中です!
励みになりますので、↓の2つのタグを「ポチっ」と応援よろしくお願いしまーす。

←FC2ランキング

←人気ブログランキング 

スポンサーサイト



別窓 | 北茨城市 | コメント:4 | トラックバック:0
| いばらの城BLOG |

ブログランキング

ブログランキング ダブルエントリー中です! 遊びに来てくださった方は ↓のタグを「ポチッ」とお願い します♪